Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキー旅行

夜行バスで行って夜行バスで帰ってくるという、0泊3日の強行日程でスキーに行ってきました。場所は北志賀竜王スキーパーク。久しぶりに丸一日滑りまくったので今は筋肉痛がひどいです。

で、スキー場では有線かなにかで音楽が流れてますよね。普通はスキーや友達との会話に集中してるので聞くことも無いんですが、昨日は違いました。

水樹奈々の「SUPER GENERATION」とeufoniusが歌うかしましのオープニングテーマ「恋するココロ」がスキー場で流れてるじゃないですか!

水樹奈々はオリコンで上位にランクインしてますし驚きましたが一般人が流すこともあるかと思いましたが、かしましのオープニングが流れた時点でオタが選曲してるんだと思いました。

まさか水樹奈々を聞きながら滑れるとは思いませんでしたから、選んだ方には感謝してます。周りの友達はみんな一般人でしたから曲が流れたとき悟られないようにするのに苦労しましたよ。

Fateの小説版なんてどうでしょ?

アニメも漫画も始まり移植も決まっているメディアミックス路線爆進中のFateですが。

小説版を出して欲しいと思うのです。よくあるエロゲーのノベライズのような形ではなく、奈須きのこ自身の書く小説版Fateが読みたいんですよ。セイバーとのHシーンなどは物語上必要ですがそこはキスなどに変更してノベル化して欲しいなぁ。空の境界も講談社ノベルスから出てますし不可能じゃないと思うんですが。

PCを立ち上げないと読めないFateを電車の中でもどこでも読みたくないですか?しかもセイバー、凛、桜の各ルートを全て本という媒体で出して欲しい。セイバールートだけに限ってもものすごい文章量でしょうが、分冊しても京極夏彦の本のように分厚くなっても構いませんから!


こういうこと考えるのは私だけでしょうか?需要はあると思うのですけれど。

Fate stay/night 第04話 最強の敵

今週の名ゼリフ
SN320204.jpg

セイバー「空腹は敵です。食事を摂りましょう、シロウ。」

セイバーの腹ペコキャラの片鱗が見え隠れするこのセリフ。どうもホロウをやった後だと最初の頃のセイバーに少し違和感を感じたり。お腹の音が鳴ったときもついセイバーだと思っちゃいましたよ。これから話数を重ねるごとにセイバーのキャラも掘り下げられてそのうち腹ペコキャラの本領を発揮してくれることでしょう。

vsバーサーカーとなったこの第4話ですが、なかなか良かったんじゃなかろうかと。ゲイボルグの表現でがっかりさせられた前回のバトルシーンとは違い、バトルはよく描けていたと思います。あれほどの大斧を何の苦も無く振り回すバーサーカーや電線の上を走って機動力で対抗するセイバーなど迫力があった。そしてその戦いを影から見守るキャスター。これはセイバーを捕らえることになる凛ルートの伏線か?

それから凛と桜の絡みもありましたね。桜って凛に対してタメで話してたっけ?意味深なリアクションもとってましたから、てっきり桜は聖杯戦争に関わらない方向で行くのかと思ってましたが桜も関わってきそうです。しかしFate、UBW、HFのすべて絡ませられるのだろうか?

作画も相変わらずハイレベルですし今回は満足です。ただイリヤの声だけはいただけない。門脇舞ではかわいさばかりが前面に押し出されて、イリヤの小悪魔的な部分が伝わってこないと思うんですが。自分のなかではイリヤは田村ゆかりなんですけどねぇ。基本はダ・カーポの芳野さくらのような妹ボイスで、小悪魔的なところも田村ゆかりの演技力ならいけるはず。

蟲師 初回限定特装版第一集

蟲師のDVDがアマゾンから今日届いた。DVDが収納されている化粧箱がいい感じ。材質に蟲師の和風なイメージを出そうというこだわりがなされていて、何というか高級和菓子の折り合わせの箱のような高級感あふれるものに仕上がっている。明日大学の試験があるにもかかわらず早速見てみると、相変わらずのハイクオリティにただ圧倒されるばかり。監督インタビューや制作会社のアートワークスの現場を収録したスペシャルDVDも見ごたえあり。これは購入した甲斐があったかな。

蟲師は最初ノーマークだったんです。偶然第一話を見て、ありえないクオリティの高さに魅了され以後見続けようと決心。蟲と人間との関わりを、時に美しく時に悲しく絶妙の空気感をかもし出しながら見事な作画と音楽で表現している。日本のアニメが海外で高い評価を得ている昨今だが、この蟲師は世界的にも通用するんじゃないかと思う。

白い巨塔

最近関東地方で唐沢版の白い巨塔が再放送されていることに気付く。以来その面白さに再度ハマる。フジテレビで平日のPM2じ頃からやっているとはなぁ。8話からしか見れなかったよちくしょう。

普段ほとんどドラマなんて見ないけど受験生であるにもかかわらずハマッてしまったのが何を隠そうこの白い巨塔。まともに見たドラマはこれと電車男ぐらい。もはやストーリーは知ってるんだけれども、このドラマは結末を知ってから見たほうが思うところが数々あって良いんじゃないかと。普段ドラマを見ない自分が言う資格はないが、このドラマは視聴者に一瞬たりともTVから目を離れさせないほどの光る演出が素晴らしい。もちろん原作シナリオの良さが大前提ですが。

大学の落書き

SN320198.jpg


私が通う大学のグランドの写真です。寒いせいか前に降った雪がまだ解けてないんですね。そしてこの落書きが。これかなりのサイズなんですよね。縦10m・横30mぐらいあるかもしれません。ちなみに東急東横線沿線にある大学です。

今週の畑健二郎先生の巻末コメント

今週号のサンデーの巻末。

読者「携帯の着メロを教えてください。」
畑健二郎 「鳥の詩やハピマテではありません。携帯鳴らないし・・」

秀逸すぎる。これサンデーの読者はどれくらい理解できるんでしょうね。やっぱり8割はわかってしまうんでしょうか?

Fate stay/night 第03話 開幕

今週の名ゼリフ
SN320197.jpg

                                                               「―――刺し穿つ」
「死翔の槍――――!!!!!」


原作未プレイの方は読めないかもしれませんが、ランサーの宝具ゲイボルグです。こう書いてゲイボルグと読むんです。心臓を貫くという結果がさきにあり、槍の軌道はその結果に合わせて変わってしまう文字通り必殺の技。じゃあなんでセイバーはかわせたかというと、サーヴァントには筋力や魔力などの能力がありましてセイバーは幸運がA+だから運よく避けられたからなんです。後はセイバーの優れた危機察知能力も関係しています。ただアニメではあまりゲイボルグの凄さが伝わってきませんでした。何か流れ作業みたいに淡々と処理されちゃいましたよ。

早くもバトルシーンの迫力の無さが問題になってきました。ゲイボルグの描写にはもっと時間をかけても良かったのでは。作画は高いレベルで維持できているだけに残念でなりません。

説明に終始しているので原作ゲームをやっている時のようなワクワク胸が躍る感覚にまったくなりませんねぇ。原作未プレイの方は期待されてるほど面白くないじゃんと思ってる方も多いのでは?ゲームはもっと凄いんですよ!アニメがいまいちでもゲームだけはやってください。マジで面白いですから。

それからイリヤ@門脇舞の声がかわいすぎて違和感ありまくりなんですが。「また会えたね、お兄ちゃん」はもっと小悪魔的に言ってもらわないと。

アニメ版ですが少々雲行きが怪しくなってきましたねぇ。

NANA MIZUKI LIVEDOM 2006-BIRTH- レポ

SN320193.jpg


タイムスケジュールはこんな感じ
15時45分 出発    16時30分 到着 物販列へ
17時30分 入場列へ  18時15分 入場
19時すぎ  ライブ開始 22時ごろ  ライブ終了       23時ごろ    帰宅

セットリストは以下の通り  
RUSH&DASH!
ミラクル☆フライト

Heaven Knows
大好きな君へ
Inside of mind
Take a Shot
テルミドール
BRAVE PHOENIX
innocent starter
オルゴールとピアノと
宝物
ジュリエット
好き!
バースデープレゼント(阪神矢野からメッセージ&ジェット風船)
POWER GATE
WILD EYES
New Sensation
JET PARK
SUPER GENERATION
アンコール
Tear's Night
ETERNAL BRAZE
アンコール2
BE READY!

文句なしに楽しかったです。前にニューシングルのカップリングも歌って欲しいと書きましたが3曲とも歌ってくれました。どれも良いですが
SUPER GENERATIONは身震いするほど素晴らしかったです。曲はライブごとに成長していく。この曲はまだ0なのでみんなの笑顔で染めて成長させて欲しい。という趣旨のことを奈々ちゃんが言ってましたがこの曲は間違いなく大きく大輪の花を咲かせるでしょうね。

POWER GATE~JET PARKの4連コンボはすさまじい破壊力でした。ハイテンション曲の連続が水樹奈々ライブの1番の魅力だと思ってますのでもう最高でした。

それから宝物の弾き語りも良かったですね。すこし涙腺が緩みかけました。最後に少し失敗しちゃったところがまたイイ!この弾き語りといいSUPER GENERATIONの作曲といい彼女のチャレンジ精神と全てこなせてしまう能力には脱帽です。

不満点を挙げるとすればテルミドールなど古めの曲が多かった点。ライブの曲は前もってその曲を聞き込んでいないと乗り込めないんですよね。ハマリ性な性格ではないので、キング以前の曲やキャラソンまで把握してません。まあ誰にとっても最高な選曲なんてありえませんし、ライブ自体最高でしたからこんなのは取るに足りないんですが。逆にデビュー曲からの古参のファンの方々には嬉しい選曲ではなかったんでしょうか?

今回も楽しませていただきました。彼女のライブはエンターテイメントとしてかなりのレベルにあるんじゃないかと。今回は運よくチケットがとれましたが、次回からはファンクラブに入ってないとチケットの確保すら危うそうですね。ファンクラブはいろうかなぁ。



NANA MIZUKI LIVEDOM 2006-BIRTH- 行ってきました

ただいま帰宅。今回のライブも良かったですね。それはもうはじけてきましたよ。セットリストなどは時間がないので明日書きますが、印象に残った点を箇条書きしておきます。

・ありえない雪
・坂本竜太がチームヨーダに混じりダンス
・これまでの26年間を回想(ブルマ&体操着や制服姿などお宝写真満 載)
・阪神矢野選手のビデオメッセージ
・ジェット風船での誕生日祝い
・ピアノ弾き語り(曲は「宝物」)
・最新シングルの3曲すべて歌われる。しかもすべて神レベル。
・ニューアルバムの発売(今春)

特に26年間の回想はグッときました。幼い頃から歌っている写真ばかりでしたね。後は幼稚園児奈々やブルマ奈々、制服奈々ですか。いいものを見せてもらいました。

サプライズは阪神・矢野の登場でしょう。最初スクリーンに映ったときは「どこかで見た顔だけど誰?」と思いました。しかもその後ジェット風船を飛ばしたもんだから甲子園を彷彿とさせました。

明日詳しく書きます。


Appendix

ランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

らいど

Author:らいど
隠れオタクライフ満喫中の大学生。
Fate・ひぐらし・ローゼン・デスノート
ネギま・西尾維新・水樹奈々・戦うヒロイン好き。

カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。